日産エルグランドは業務用でも大活躍

純正カーナビ搭載車種は見やすい位置にナビが設置されていますが、社外品だと見にくい位置に有る場合も有ります。

日産エルグランドは業務用でも大活躍

カーナビ搭載車種に関して

昔では珍しかったカーナビも、今では当たり前の様に色んな車種に搭載されています。
室内が豪華な普通車だけに限らず、軽自動車さえもオプションでカーナビが用意されています。
カーナビには、各自動車メーカー純正の物と社外品の物が存在しますが、両者には違う点が有ります。
純正カーナビは、安全上走行中にテレビを視聴する事が出来ません。これを改造する人も中にはいらっしゃるのですが、基本出来ません。社外品カーナビでは、走行中にテレビを視聴する事が可能になります。

でも、本当は社外品のカーナビも走行中はテレビが視聴出来ないように配線するのが正しいのですが、それをわざわざ実行する人はいません。どんな道でも音声誘導してくれる大変便利なカーナビですが、出来る事なら純正で制限なく使えたら素晴らしいのになぁと私は個人的に思います。
純正の方が外見上豪華だったりします。
自動車には、インテリアパネルという部分が有ります。
略してインパネと言いますが、社外品のカーナビはカーオーデイオが設置されて有る部分に設置するのが基本です。
その際、設置スペースが運転上見やすい位置に有れば良いのですが、下側にスペースが有る場合も多く見にくいという欠点がございます。


ところが純正でカーナビを用意してある車種は、運転上見やすい位置に設置してあるのが普通です。
この事から、ナビは純正が良いという事が分かります。
どちらにも一長一短が有りますから、どちらを選択するかは購入者の考え方1つになります。
また高級車になりますと、ナビだけに限らずエアコンの操作も同じパネル上で操作管理するようになっていますから純正カーナビを取っ払ってそこに社外品を設置するという事は難しいです。
多くのカーマニアの人は、純正カーナビとは別に社外品ナビを設置し両立させて使用している人も多くいらっしゃいます。
また最近では、スマートフォンをナビ代わりに使う人も増えて来ました。

新着おすすめ